植物図鑑に続き二冊目の『レインツリーの国』読了

有川浩さんの『レインツリーの国』を読みました。
先ず最初に一言、二言、感想を言うと、伸がとにかくアツくて馴染めませんでした。
それから、何でひとみは伸に会いたがらないのか、早めの段階で理由が述べられてて意外でした。
なので序盤の2人のメールのやりとりに納得しました。なるほど!という具合です。

物語が進むにつれて、真っ直ぐな性格の伸だけど共感持てるかな~て期待と不安の中、やっぱり熱くて単刀直入すぎて、
そこがどーしても馴染めませんでした。
ひとみに対してはあまり好きじゃないというのが、レビューで少々目に入ってきましたが、私は終盤で好きになりました。
同じ女性目線ていうのもあるからでしょうか。

何でタイトルに『国』が入ってるのかは本編に書いてあって、ああ、深いなーてしみじみと。
笑えるとこもあって、名前についてのオチが意外で面白かったです(笑)
有川さん作品はこれでまだ二冊目ですが、女性視点と男性視点の両方を書くのがすごい!キャラの印象が頭の中に入りや
すいです。内面の特徴をうまく出してくれてるので。
しばらく時間おいたらまた有川さんの作品を読みたいです。

さて、そろそろおせち料理の予約が始まっていますね。
2015年は何にしようかな、毎年迷っちゃいます。
http://おせち2015予約.jpn.com/

Comments are closed.